インベストメントカレッジは怪しい?SNSの評判から判明した真実とは

目次

 

江崎孝彦氏が代表を務める投資顧問サイト「インベストメントカレッジ」。

 

色々な評判があるようですが、果たしてそんなインベストメントカレッジは怪しいサイトではないのか、勝てるサイトなのか、詳しい実態を調査してみました。

 

半沢
インベストメントカレッジの評判や江崎孝彦氏の実力などについて詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

 

 

ちなみに・・・

 

インベストメントカレッジはさておき、さらに安全で信頼性の高い投資顧問を探している方は、以下の投資顧問を強くおススメします。

 

こちらの投資顧問は検証の結果、短期間で利益が出た実績が多数あり、口コミ評価も高く、信頼性の高い実力派サイトということが分かっています。

 

信頼性・安全性ともに高く、急騰銘柄の配信実績も多数の優良サイトで効率よく稼いでいきたい方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

 

 

インベストメントカレッジは怪しい?Weiss Ratingsとは

 

「インベストメントカレッジ」は、現役投資家によるリアルな売買情報や、金融の本場アメリカで現在、米国人投資家向けに刊行されている最新の金融レポートを読むことができる投資顧問です。

 

半沢
金融の本場であるアメリカの株情報が手に入るのは嬉しいですね。

 

 

どうやらインベストメントカレッジは、50年以上の歴史を持つアメリカの投資格付機関「Weiss Ratings」と業務提携をしているようです。

 

 

「Weiss Ratings(ワイスレーティングス)」とは、格付け対象の企業やスポンサーから手数料を受け取らない格付け機関として米国で信用されている、米国で唯一の金融格付け機関です。

 

53,000もの機関、および金融商品の格付けをもとに、「世界情勢の変化に対応しつつ安全に資産を増やす」事を目的とした投資ニュースレターを提供しています。

 

半沢
そんな本場の金融機関と提携しているのは強いですね。情報の質もかなり高いことが期待できます。

 

 

インベストメントカレッジでは、そんなWeiss Ratingsの相場予測レポートの提供や、Weiss Ratings Japanのシニアアナリストであるジョン・マークマンが、2027年までに株価が2倍になると分析した銘柄を紹介しているようです。

 

本場の米国の情報を堪能してみたいという方は、インベストメントカレッジを試してみる価値はありそうです。

 

 

インベストメントカレッジの江崎孝彦は何者?経歴を調査

 

そんなインベストメントカレッジは、江崎孝彦という人物が代表を務めています。

この江崎孝彦氏が一体何者なのかについても気になるので、詳しく調べてみました。

 

半沢
まずは江崎孝彦氏の経歴がこちらです。

 

 

江崎孝彦氏の経歴・プロフィール

1979年大阪生まれで、現在はマーケティングディレクター&セールスライター。

大学を卒業後、大手通信企業にしていたが、その後、ダイレクト・マーケティングに強く惹かれ、小川忠洋氏が起業したダイレクト出版株式会社の前企業に入社。

2006年に小川氏ともにダイレクト出版株式会社を創業し、投資教育コンテンツを扱う事業部門を運営、月商1億円以上まで育てあげた。

2010年4月にダイレクト出版株式会社取締役に就任。

その後2011年9月に株式会社インベストメントカレッジ代表取締役に就任。

 

 

ダイレクト出版とは、どうやら集客のノウハウを売りにする会社のようです。

 

経歴を見る限りだと、江崎孝彦氏は投資事業に携わっていた経歴などは特にないようですが、インターネットでの集客が得意なのかもしれませんね。

 

長らくインベストメントカレッジの経営に携わってきたようなので江崎孝彦氏の実力や投資実績なども知りたいところですが、残念ながらそういった投資実績などについてはデータがありませんでした。

 

半沢

ただ、ダイレクト出版にて投資教育コンテンツを扱う事業部門を運営しており、月商1億円以上まで育てあげた実績があるようなのでそれなりの実力はあるのではないかと予想します。

 

 

 

インベストメントカレッジに怪しいレビューや評判はあるのか

 

そんなインベストメントカレッジの肝心の利用者の評判が気になります。

SNSを見たところ、インベストメントカレッジに関してはこういった評判が投稿されていました。

 

 

 

評判はわりと賛否両論ですが、インベストメントカレッジが提供するワイスレーティングスのメルマガに対する高評価がわりと見受けられました。

 

格付け機関の推奨銘柄を投資に活用している投資家も多くいることがわかります。

 

 

一方で悪い評判としては、 もうすでに上昇している銘柄を提供された、というものだったり、インベストメントカレッジが過去に行政処分を受けたことに関する不安の評判があるようでした。

 

インベストメントカレッジは2015年、法令違反があったとして金融庁から行政処分を受けています。

 

半沢

その理由を調べてみると、どうやら必要な登録を行わないまま会員に投資サービスを提供していたのが原因だったようです。

 

 

 

インベストメントカレッジは行政処分を受けていて怪しい?

 

インベストメントカレッジは、無資格で投資運用業を行っていたことにより、平成27年10月20日に行政処分を受けています。

 

株式会社インベストメントカレッジに対する行政処分について:金融庁

 

 

簡単にインベストメントカレッジの行政処分内容をまとめると…

 

インベストメントカレッジの行政処分内容
  • 顧客から証券口座のID、PASSを受け取り、その口座に直接自動売買システムの取引による発注をしていた
  • 上記行為は投資運用業となり資格が必要なので、無資格だったインベストメントカレッジは処分を受けた

 

ということだったようです。

 

しかしその後は、業務改善命令を受けてしっかりと体制を整え、健全な運営を行っているようです。

 

 

ちなみにインベストメントカレッジの提携会社である「The Agora」や「Weiss Ratings(ワイスレーティングス)」も、過去に米国の連邦取引委員会から行政処分を受けていたようですが、その後は業務改善し、今も事業を続けています。

 

半沢

現在までに再発や別件での処分も特にないようですので、今は安心できる投資会社と言っても良いでしょう。

 

 

インベストメントカレッジの料金は高い?

 

そんなインベストメントカレッジが提供するサービスは、主に「維新流トレード塾」「大富豪の投資術」「ワイスレーティングス」の3つがメインとなっています。

 

半沢

これら3つのサービスがそれぞれどのような内容で、料金はどのくらいなのか、調べてみました。

 

 

維新流トレード塾

 

まず「維新流トレード塾」は、テクニカル分析の王道といわれるトレンドフォローを徹底的に研究したトレード術である”維新流トレード術”を学べるサービスとなっています。

 

維新流トレード塾は、累計28,000人以上を指導した現役プロトレーダーである”維新の介”氏がトレンドフォローをしてくれるようです。

 

維新流トレード塾の中にもたくさんのプランの種類があり、料金はプランによって3,278円~219,780円とかなり幅広くなっています。

 

 

大富豪の投資術

 

続いて「大富豪の投資術」では、米国のパームビーチに住む大富豪マークフォードが取り組んでいる投資戦略、市場、銘柄情報等を配信しているようです。

 

マークフォード氏の今の純資産は50億円を超えると言われており、現在はリタイア生活を楽しみながらも、自身が率いる独立系の経済出版社パームビーチリサーチグループで、約10万人の購読者向けに資産形成に関するアドバイスを行っているとか。

 

そんな大富豪の投資術もプランによって料金はさまざまで、5,500円~880,000円と幅広い価格設定となっています。

 

 

Weiss Ratings(ワイスレーティングス)

 

そして最後にWeiss Ratings(ワイスレーティングス)です。

 

先述したように、ワイスレーティングスとは、1971年に創業、独立性、客観性、高い倫理観、安全性といった5つの重要な項目を提供する米国で唯一の金融格付け会社です。

 

こちらの会社は株式や仮想通貨の格付け機関であり、銘柄に対する評価を公開している企業です。

 

そんなワイスレーティングスが分析したレポートなどを閲覧できるサービスもインベストメントカレッジの目玉となっており、料金は10,780円~880,000円となっています。

 

 

インベストメントカレッジは解約・返金できる?

 

インベストメントカレッジは、解約や返金は可能です。

 

インベストメントカレッジのサービスを解約したい場合は、解約を希望する月の前月末日までにカスタマーサポートまで連絡すればOKとのこと。

 

半沢

サービス期間の満了をもってサービスは停止され、その後の請求は行われないようなので安心です。

 

 

また、返金に関しては基本的に可能ですが、サービスによっては返金保証がないものもあったり、10日間のクーリングオフ期間がある商品や1ヶ月間の返金保証期間がある商品もあったりとものによってバラバラなので、プラン内容をよく確認しておきましょう。

 

 

インベストメントカレッジは怪しいのか結論

 

調査の結果、インベストメントカレッジは特に怪しい投資顧問ではないという結論になりました。

 

評判は賛否両論ありますが、インベストメントカレッジの投資レポートを愛用している投資家も少なからずいるようです。

 

「推奨銘柄が当てにならない」という評判や、過去に金融庁から行政処分を受けていることに対して怪しさを感じているような評判もありましたが、情報を上手く活用すれば、それなりに利益は出る投資顧問なのではないかと思いました。

 

 

半沢

ただ、過去に行政処分を受けてしまった投資顧問サイトであることには変わりないので、もっと信頼性の高い投資顧問を利用したいという方は、別の投資顧問サイトを選択することをおすすめします。

 

 

ちなみに・・・

 

インベストメントカレッジはさておき、さらに安全で信頼性の高い投資顧問を探している方は、以下の投資顧問を強くおススメします。

 

こちらの投資顧問は検証の結果、短期間で利益が出た実績が多数あり、口コミ評価も高く、信頼性の高い実力派サイトということが分かっています。

 

信頼性・安全性ともに高く、急騰銘柄の配信実績も多数の優良サイトで効率よく稼いでいきたい方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

 

 

 

インベストメントカレッジの会社概要

サイト名 インベストメントカレッジ
運営会社名 株式会社インベストメントカレッジ
所在地 大阪府大阪市中央区安土町2丁目3-13大阪国際ビルディング13F
代表取締役 江崎孝彦
電話番号 06-6271-1188

インベストメントカレッジの口コミ・評判

Rated 1 out of 5
2023年9月25日

返金処理済みとなってますが3か月たっても返金がありません。

もんた
Rated 1 out of 5
2023年5月8日

インベストメントカレッジの商品をいろいろ試してきますが、上手く行っているものも、上手く行っていないものも有るというのが現状です。契約期間は、1年毎の更新なので運用成績の悪い商品は、メールで契約しない事を知らせれば契約満了で解約できています。

一番投資結果が出ているのは、レガシー投資で昨年、US株の大きな下落があった為利益は減っていますが、それでも10%程度は、資金が全体で増えています。

短期でキャッシュを増やす商品としては、レガシーキャッシュリッチ戦略が今のところダントツの成績です。

自分の投資スタイルに合った商品を選べば、それなりのパフォーマンスが得られると感じています。

短期の株価の上げ下げで一喜一憂する人は向いてないかもしれません。

山雅
Rated 3 out of 5
2023年3月31日

先のコミを評価する方が書いていたように、解約手続きが出来ません。

連絡先の電話に連絡がつきません。

0331
Rated 1 out of 5
2022年12月12日

解約手続きが出来ません。。

どのようにすればご存じの方教えていただけませんか?

おさむ

インベストメントカレッジの口コミ投稿フォーム