株主優待と配当金の違いは?どっちがお得なのかわかりやすく解説

 

これから株を始めようと思っている方、または株を始めたばかりの方。

「株主優待」と「配当金」の違いをご存知でしょうか?

 

どちらも企業が儲けた利益の一部を株主に還元する仕組みのことですが、その性質は少し違ってきます。

企業によってもその還元方法は異なるため、違いがわかりにくいですよね。

 

 

半沢
そこで当ページでは、「株主優待」と「配当金」の違いや、どっちの方がよりお得なのかといったことについてわかりやすく解説していきたいと思います。

 

 

「株主優待」と「配当金」ってどんな仕組み?

 

上述したように、企業が儲けた利益の一部を株主に還元するものには、「株主優待」と「配当金」の2種類があります。

 

株主優待とは

 

まず株主優待とは、一言でいうと、条件を満たした株主に対して、企業が感謝の意味を込めてモノやサービス券を贈ることを言います。

権利付最終日に株を保有していた株主には、企業から感謝の印としてさまざまな商品が贈られるのです。ウレシイ制度ですよね。

 

半沢
株主優待の種類には、自社商品の詰め合わせや割引きチケット、食事券、お米、クオカードや商品券などの金券などがあり、企業によってその内容は異なってきます。

 

 

 

ちなみに株主優待はあくまで企業の感謝の気持ちなので、全ての企業が必ずしも優待を贈っているというわけではありません。ですので、業績悪化などの理由で優待内容が変更されたり、突然優待が廃止されることもあります。

 

また、株主優待を受け取るのに、「1年以上株主の場合のみ、株主優待を贈ります」というように条件が明記されている企業もあったりします。

 

 

とはいえ、株主優待はウレシイ制度として個人投資家から人気があるので、たいていの企業は株主優待を出しているところがほとんどです。

 

半沢
自社の株を長期保有してもらって、安定株主になってほしいと言う思いが企業側にもあるのでしょうね。

 

 

 

配当金とは

 

対して配当金とは、一言でいうと、企業が儲けた利益の一部を株主に還元するときに、株主がもらえるお金のことです。

 

企業の株を保有していると、配当金として企業の利益の一部をもらうことができます。

企業側から株主に「今期の配当金は、1株あたり10円に決定しました」などというようなお知らせが来て、配当金を受け取ることができるのです。

 

 

半沢
ちなみに日本企業の配当利回りは2~3%前後になることが多いみたいですね。

 

 

この配当金は、保有株数に比例して受け取ることができるので、投資金額が大きいと配当金もその分大きくなってきます。

 

ちなみにこちらも株主優待と同様に、配当金を出さない企業も中にはあります。

例えば、会社の業績が悪化してくると、企業は配当金を出している余裕がなくなります。そのため、配当金が一時的に減額されたり出なかったりすることもあるのです。

 

 

「株主優待」と「配当金」の違いとは?

 

株主優待と配当金についてはなんとなく分かってきたかと思いますが、具体的には一体どのような違いがあるのでしょうか。

両者の違いは、主にこれらの3つがあります。

 

 

株主優待と配当金の違い
  1. 還元内容と還元額
  2. 税金
  3. 海外でも受け取れるか否か

 

 

どういうことなのか、一つずつ詳しく解説していきます。

 

①還元内容と還元額

 

まず株主優待はその種類がかなりバラエティーに富んでおり、自社商品の詰め合わせや割引きチケット、食事券、お米、クオカードや商品券などの金券などさまざまです。

一方で配当金は、金額は異なってきますが、どこの企業も「現金」となります。

 

 

また還元額については、株主優待の場合は、保有株数が多いからといって優待内容が必ずしも豪華になるわけではありません。

 

半沢
むしろ最少株数100株のときが、優待利回りが最も高くなるときが多かったりします。

 

 

一方で配当金に関しては、保有株数に比例した金額のお金が受け取れるため、投資金額が大きいと還元額も大きくなってきます。

 

 

②税金

 

税金面でも両者の違いはあります。

 

配当金の場合は、たとえ少額でも「配当所得」として課税されますが、株主優待の場合は年間で20万円を超えなければ「雑所得」として申告する必要がありません。

 

そのため例えば、株主優待3,000円のクオカードを受け取るのと、配当金で3,000円を受け取るのとでは、税金がかからないクオカードの方が600円ほどお得になってきます。

 

半沢
ほんの少しの差ではありますが、税金面で考えると、株主優待の方が少々お得ではありますね。

 

 

③海外でも受け取れるか否か

 

両者の違いはもう一つあります。

 

配当金については海外投資家にもしっかり支払われますが、株主優待の発送は国内のみとなっており、海外投資家は優待をもらうことができないのです。

 

半沢
輸送コストが高くなってしまうので、優待を贈ることが難しいのでしょうか…?

 

そのため海外投資家の場合ですと、株主優待よりも配当金での株主還元を選ぶのがベストですね。

 

 

株主優待と配当金はどっちがお得なのか

 

違いについては分かりましたが、結局のところ気になるのは、どっちの方がお得なのか?というところ。

 

還元額や税金などもろもろを考慮すると、個人的には最小株数保有の場合は「株主優待」が手厚い方がお得なように思います。

なぜなら、株主優待は企業の宣伝にもなるため、わりと豪華な賞品を出している企業も多いからです。

 

半沢
中には、10,000円相当の自社商品が送られてくる企業もあったりします。結構豪華ですよね。

 

 

また税金面でも、上述したように株主優待の方が有利になる場合が多いです。

もちろん配当金が手厚い方が嬉しいという方もいるかとは思いますが、株主優待もなかなか魅力的なものも多くあったりします。

 

 

とはいえ、ハナから優待だけが目的ということで優待内容しかチェックせずに業績が悪い企業に投資してしまったり、他の高配当利回り株をスルーしてしまったりするのでは本末転倒です。

 

半沢
間違った使い方をして優待投資で失敗してしまわないように注意しましょう。

 

 

株主優待と配当金の違いまとめ

 

改めて、株主優待と配当金の違いをまとめるとこのようになります。

 

株主優待と配当金の違い

・配当金は保有株数に比例して受け取れるが、株主優待は保有株数が増えても内容が豪華になるとは限らない

・株主優待はの受け取りは国内の株主のみに限るが、配当金は海外投資家にも贈られる

・一定額になるまで株主優待には税金がかからないが、配当金にはその都度税金がかかる

・還元額と税金を考慮すると、最少株数保有では株主優待が手厚い方がお得なことが多い

 

 

株主優待も配当金もどちらもお得な制度ですが、そのシステムにはちょっとした違いがあります。

どちらがお得と考えるかはその人にもよりますが、さまざまな面を考慮して自分に合ったサービスを選択してください。

 

 

ちなみに最近では、コロナ渦の影響や将来への金融的不安などもあってか、株式投資を始める人がかなり急増しているようです。

その中でも、なるべく簡単でハードルが低く、リスクの少ないものを…ということで、最近では「投資顧問」が人気の模様です。

 

本来株式投資をするにあたっては、自分で世の中の情勢や株価チャートを分析して、売買タイミングを見極めて…といったことが必要ですが、株初心者にはなかなかハードルの高い作業ですよね。

 

 

そんなときに活用したいのがこの「投資顧問」です。

 

半沢
投資顧問は、市場の分析や売買タイミングの指示などを全て株のプロが行ってくれる、いわば”秘書”のような存在です。

 

 

ある程度株式投資の経験がある方はもちろん、株初心者の方は、投資顧問を利用してプロを味方につけてトレードを行っていくのが賢い選択です。

 

 

そんな投資顧問ですが、今はその数もかなり豊富で、どこの投資顧問を選べばいいのかなかなか難しいところでもあります。

そこで、私管理人が数ある投資顧問の実態を徹底分析し、口コミも高評価で安全な優良投資顧問をいくつか厳選してみました。

 

 

半沢
これから株式投資を始める方は、ぜひこれらの投資顧問を味方につけて、賢く株式投資を行ってください。

 

ニーズ
有料23銘柄検証!20銘柄が15%以上の上昇!
独自のAIが分析した急騰銘柄「大本命銘柄」がとにかく当たると話題。その相場予測と的中率は他の株サイトの群を抜いていると評判。
AIならではの確実性とリスク管理を求めるならニーズ一択。
ステップ
有料10銘柄検証!7銘柄が25%越え!
とにかく正確性の高い情報が入手できるのがステップ。まだ市場に出回っていない情報を先回りして教えてくれる。
効率よく資産形成することができる6ヶ月間のバックアップ体制が整っているのもステップの強み。
リード
有料54銘柄検証!44銘柄が21%越え!
堅実に利益を得るならリード一択。リスクヘッジを考慮し、損失を徹底して防いでくれる。
的確な審美眼に加え、リスク回避の嗅覚が優れていると評判。
過去6年間で2万人もの会員を目標利益に導いた実績あり。
栄光インデックス
有料10銘柄検証!8銘柄が14%以上の上昇!
銘柄選定のセンスが抜群と話題。
短期銘柄から中長期銘柄まで幅広い銘柄を提供してくれるのが特徴。
テーマ性のある急騰銘柄を他社よりも早く提供しており、毎回底値で仕込めると好評。
富士
有料46銘柄検証!36銘柄が19%以上の上昇!
短期急騰銘柄にとにかく強いことで定評あり。たった2週間で2倍超えの銘柄もザラ。インパクトのある銘柄を求めるなら迷わず都一択。 特に不定期に開催されるキャンペーンでは、毎回かなりの高騰銘柄が公開されると評判。