月刊ウルフ

月刊ウルフの会社概要

サイト名 月刊ウルフ
サイトURL https://wolf-murata.info/gekkan_wolf/
運営会社名 株式会社ジェイ・アイ・エス(旧:株式会社ジャパンインベストメントスクール)
所在地 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-34-4神田グロウビル7F
代表取締役 森 海里
電話番号 03-5295-7106
Eメールアドレス support@j-i-s.info

月刊ウルフの口コミ・評判

         
1.0 rating
2021年2月8日

一ヶ月無料とか嘘じゃん。詐欺じゃね

匿名
1.0 rating
2021年2月3日

こんな嵌め込み師の言うこと鵜呑みにしてたら資金がいくらあっても足りないわ。

匿名
1.0 rating
2021年1月28日

全然一ヶ月無料じゃないんだが。騙されたわ。

匿名
1.0 rating
2021年1月14日

ウルフ村田もよく干されないよな

匿名
1.0 rating
2021年1月7日

ウルフは駄目。嵌め込み詐欺師だから。

匿名
1.0 rating
2021年1月4日

コースによって同銘柄を買い推奨と売り推奨を入れているらしい。しかも非常に頻繁にそのようなことが行われているとは、ビックリ!
これは法令違反で処罰の対象です。もはや詐欺でとどまる問題ではなく、最低でも営業停止処分。見逃してきた金融庁もしっかりチェックしてもらわないと困りますね。
犯罪ですから、泣き寝入りすることなく、被害者全員で金融庁に即刻通報すべき。

詐欺
1.0 rating
2020年12月23日

結局何にも身につかなかったです。時間とお金の無駄でした。やっぱりウルフ村田を信用するんじゃなかった。買い煽りばっかりですぐに下落するから安易に買い付けるのは危険すぎる。はっきり言ってギャンブルです。

使えない
1.0 rating
2020年11月26日

ウルフ 評判でググってみなよ。ここに登録すべきか否かすぐにわかるから。

匿名
1.0 rating
2020年11月25日

一ヶ月無料とか言って無料じゃなかったんだけど普通に詐欺じゃね?

匿名

月刊ウルフを評判から検証

 

月刊ウルフを口コミ評判から検証してみました。

 

「月刊ウルフ」は“ウルフ村田からの極秘情報をお届けする日本で唯一の生放送”という謳い文句を掲げてサービス展開を行っている、月額制の会員サイトです。

 

東大経済学部出身で株で億を稼ぐトレーダーと言われるウルフ村田氏ですが、蓋を開けてみると借金踏み倒し疑惑、名誉棄損による有罪判決、Twitterでの嵌め込み疑惑などなど、何やらブラックな噂ばかりです。

 

インターネットで「ウルフ村田」と検索してみると…

 

ウルフ村田の検索結果

 

このように詐欺やら逮捕やら裁判といった物騒な用語が。

 

最初にはっきり言わせてもらうと、月刊ウルフは決して評判の良い株情報サービスではありません

当サイトに投稿されている口コミ含め、その他多くの口コミサイトを見ても、かなり怪しい株サイトです。

 

 

半沢
そこで当ページでは、世の中の口コミ評判をもとに、月刊ウルフの実態を検証していきたいと思います。

 

 

ちなみに・・・

 

月刊ウルフのような怪しいサイトはさておき、もっと安全な優良サイトを今すぐ知りたい!という方は、さまざまな調査の結果当サイトが優良と判定した、”信頼性の高い株サイト”の検証記事を、以下のリンクからチェックしてみてください。

 

信頼性・安全性ともに高く、実際の口コミでも高評価の優良株サイトはこちらからご覧いただけます。

 

 

月刊ウルフの口コミ評判

 

まず初めに、月刊ウルフの口コミや評判をいくつかピックアップしてみました。

月刊ウルフの悪い口コミ

またまたウルフ銘柄で爆損。臨時動画もれなく聞いていますが、どうすればいいか理解できません。。

月刊ウルフ入って試しに紹介された銘柄5つくらい買ってみたけど爆損w
フーバーは昨日の高値で売ってたら勝ちだったけどこりゃ叩かれるわw
金取ってこれで「エントリーが下手」って言われてもな
「紹介するタイミングが下手」って返したいよ

 

推測ですが、村田の正体は「セミナー屋」「情報屋」です。いくつかのファンド筋(怪しい筋もいると思われる)と知り合いで(彼女がそう言っている)、そいつらが今度これやります、とかの情報を流し、村田の生徒や月刊ウルフの視聴者に流すだけ。
ただ、これは相場が良い時はまあ少しのおこぼれもありうるが、相場が悪いと効かない。ここ数年はまるでダメ。2018年のMTジェネックスは、当てたが、最後の最後まで売りとは言わない。
やってる人間を知っていれば、絶対に売りとは言えないし、言えば生徒が一斉に売る。構造的にきちんと買い売りができない。チャートも見方や利用の仕方など、色んな本を読んでるというが、(だからこそか?)本物の機関投資家の動きが読めてないように見える。
また、言い方もどちらにもとれる言い方をして、後で否定されないようにしている。

 

本日、心斎橋のセミナーに参加したけど、がっかりした。1時間半のセミナーですが、同じ内容の繰り返しだった。時間と受講料を返して欲しい。こんなセミナーを選んだ自分はバカだった。

 

 

月刊ウルフの銘柄で爆損したという評判が圧倒に多いです。

月刊ウルフを利用して利益を得た人はほんの一握りで、ほとんどの個人投資家は損失を被っている様子がうかがえます。

 

月額会費21,000円、ウルフ村田氏から直接指導してもらえ、誰も知りえない情報を知ることができるという月刊ウルフですが、Twitterではこのように真逆の評判となっています。

 

 

月刊ウルフの評判

 

 

そして、こうした生徒に対するウルフ村田氏の返答がこちら。

 

ウルフ村田のTwitter

 

「頭のいい生徒は上手にとっている」「地頭が悪い人は無視します」といった何とも辛辣なスタンス。

ウルフ村田氏によれば利益を取りこぼすのは頭が悪いから、なのだそうです。

ちょっと酷すぎませんか?

 

半沢
そもそもこうしたトレードスキルや相場観を教えるためにプロが存在するんじゃないんですかね?

 

 

利益を得ることが出来ないだけでなく、トレードスキルの向上も相場観を身につけることにも役立っていないサービスに何の価値があるんでしょうか。

 

全く使えないサービスということで退会者も相次いでいるようです。

 

 

 

月刊ウルフの良い口コミ

 

かなり悪評の多い月刊ウルフですが、このように良い口コミも数件見られました。

 

 

1月8日の月刊ウルフの臨時放送を見てたのに、乗れなかったお馬鹿な私…
昨日、先生がお話していた銘柄、今度こそ!と思って早速買ったのに、最高値で買って含み損…
はぁ〜でも大丈夫!上がるって信じてるもん
私も一生分稼いでやるぅ〜
仕事から帰って急ピッチで4杯目、既にいい感じ

月刊ウルフ参考になるわー。 ウルフ卿入教

このように月刊ウルフに対する良いニュアンスの口コミも一部見られました。

しかし見た感じ、これらの高評価口コミをしている人たちは、いわゆる「ウルフ村田信者」であると思われます。

 

ウルフ村田氏のセミナーは結構語り口や内容が過激なものも多いので、その巧みな話術によりウルフワールドへ洗脳されてしまう「ウルフ信者」たちが存在するのです。

 

 

半沢
洗脳された信者たちは恐ろしいですよ。ウルフ村田が何を言ったとしても盲目的に信じ込んでしまいますからね。

 

 

月刊ウルフの銘柄が儲からない理由

 

月刊ウルフが儲からないわけを評判から調査してみましたが、その理由には「再現性の低さ」があるようです。

月刊ウルフの口コミを見ていると、このように「感覚的な話が多くて、再現性がない」といった評判がちょくちょく見受けられます。

 

 

どうやら月刊ウルフでは、大した材料も出ていない銘柄を買い煽ることが多いようです。

月刊ウルフの銘柄は一時的に株価が上がったとしても、材料がないからすぐに下落するというケースがかなり多いのだとか。

 

 

具体的な銘柄で言うと、月刊ウルフは2020年9月4日前後まで、enishを「10月に向けて爆上げする」とたびたび紹介していたそうです。

 

ですが…

 

 

実際は9月5日にストップ安まで売られ、今でも株価は下がったままです。

このように、月刊ウルフの銘柄は一時的に株価が上がったとしても、地合いが悪かったり、材料が出るとすぐに暴落する危険性があるのです。

 

 

月刊ウルフが”儲かる”はデマ

 

さらになんとセコイことに、どうやら月刊ウルフでは「週次値上がり率ランキングを紹介する=初動を紹介したことになる」ようなのです。

 

半沢
もはや詐欺ですね。

 

 


要は、値上がり率ランキングの中から上がった銘柄を「月刊ウルフの成果」として紹介しているんです。

そりゃあ儲かっているように見えますよね。

 

ランキングを紹介しただけで値動きの初動から推奨していたことになるとは、月に20,000円も支払っている会員は一体どんな気持ちなんでしょうかね。

 

 

ウルフ村田の嵌め込み騒動

 

ウルフ村田氏は過去に何度も嵌め込み詐欺を繰り返していたことでも有名です。

 

手口としては、取引高の低い銘柄を安値のうちに購入してからTwitterで情報を拡散し、個人投資家の買いを煽り、価格を意図的に上げ、自分は売って利益を得るという方法になります。

 

 

中でも特に代表的なのがニチダイ事件」です。

簡単に言うと、ウルフ村田氏がTwitterやセミナーでニチダイ(6467)を煽りまくって株価を吊り上げ、その結果多くの個人投資家を奈落の底へ突き落とした事件です。

 

半沢
Twitterなどで度々買い推奨を行っていたニチダイ(6467)が、なんと3日連続ストップ安を記録してしまったのです

 

 

今回の騒動の流れはこのようになっています。

 

ニチダイ事件の流れ
    1. およそ2/1~ニチダイの煽りが始まる
    2. 「目標株価7000円」を謡い出す
    3. 再び「目標株価4000円」へと下方修正
    4. その間も材料を執拗にアピールするツイートを繰り返す
    5. 3/16に高値3980円
    6. その間もセミナー参加者には売らずにホールド指示
    7. 26日にはネックラインを割り込みストップ安
    8. その後さらに大暴落

 

 

本来ならば下がると判明した瞬間にロスカットをして損失を抑えるところ、当時ウルフ村田氏は以下のようにツイートしていました。

 

6467 ニチダイ (*^-^*)
相場継続で、S安でも当然、参戦してます。( ´∀`)bグッ!
まだまだ行くよ~ ( ´∀`)bグッ!

 

 

結局この後ニチダイの下落は止まらず、3日連続ストップ安となり大炎上というわけです。

 

 

ウルフ村田が執行猶予で有罪判決

 

ウルフ村田氏は、過去に執行猶予を受けています。

 

半沢
本当に次から次へとやりたい放題ですね。

 

ウルフ村田氏は、3000万円の借金を踏み倒した上、その知人を誹謗中傷したことによる名誉毀損で敗訴。

「懲役6ヶ月執行猶予3年」の有罪判決を受けています。

 

こちらがウルフ村田氏のTwitterに書かれた誹謗中傷の内容です。

 

ウルフ村田の裁判
ウルフ村田の裁判

 

 

お金を貸してくれた男性に対し、借金を踏み倒すどころかTwitterで誹謗中傷。

 

半沢
恩を仇で返すとはまさにこのことです

 

またこの他にもウルフ村田氏は男性2名に1,400万円と4,330万円を借金し、裁判が行われました。

つまり3名から合計で8,730万円も借金をしていたということです。

 

ちなみに裁判で敗訴したウルフ村田氏は銀行口座を差し押さえられたのですが、その時の銀行口座の残高は僅か16,000円でした。

 

ウルフ村田の資産2億円は嘘?

 

2億円稼いだと豪語しているウルフ村田氏の口座残高がこの金額です。

 

後の弁論にてウルフ村田氏は、「2億円の利益を上げたということは、マスコミが吹聴したことであり、本人が自称したものではない」などと証言していますが、彼女が販売しているDVDやインタビューでは確かに自らその実績を謳っています

 

半沢
言い訳が痛々しいですね。結局すべてはホラ吹きだったというわけです。

月刊ウルフの会社は怪しい?

 

月刊ウルフを運営する会社は株式会社ジェイ・アイ・エスですが、こちらは以前、株式会社ジャパンインベストメントスクールという会社名でした。

 

半沢
ジャパンインベストメントスクールという会社、かなり悪名高いので知っている人は知っているかもしれませんね。

 

 

ウルフ村田氏が行うセミナーの母体となっているのはだいたいこのジャパンインベストメントスクール(現:株式会社ジェイ・アイ・エス)ですが、この会社、調べれば調べるほど怪しい点がボロボロと発覚しました。

 

 

まず電話番号についてですが、公式サイトに表記されている電話番号は「03-5295-7106」です。

そして、以下はジャパンインベストメントスクール(現:株式会社ジェイ・アイ・エス)が過去に開催していたセミナーですが、なぜか上記とは別の番号を掲載している告知ページを発見しました。

ジャパンインベストメントスクールの会社は怪しい?

 

 

「03-5295-7108」。

調べてみるとジャパンインベストメントスクールはこれ以外にも複数電話番号を所持しているようですが、この7108の番号について調べてみたところ、とある悪徳会社の番号と一致したのです。

 

 

それが「合同会社ゲンキ」です。

 

 

ジャパンインベストメントスクールの会社は怪しい?

 

半沢
合同会社ゲンキといえば、過去に脱税事件を起こした会社であり、もともとはウルフ村田のセミナーを管理していた会社です。

 

 

調査したところ、脱税事件を起こした合同会社ゲンキの電話番号である03-5295-7108は、もともとジャパンインベストメントスクールが所持している電話番号だったということが判明しました。

 

 

それだけではありません。

さらに調べたところ、こちらの番号は秋田洋徳のFXセミナー運営事務局というセミナー会社とも一致しています。

 

ジャパンインベストメントスクールは怪しい?

 

 

この秋田洋徳のFXセミナー運営事務局は、2016年ごろまで投資助言業を営む秋田洋徳のベルテ株式会社が運営していました。

ベルテ株式会社は2016年に国から行政処分を受け、投資助言業の資格をはく奪されています。

 

 

つまりジャパンインベストメントスクール、もとい株式会社ジェイ・アイ・エスは、合同会社ゲンキの脱税事件にも、国から資格をはく奪されたベルテ株式会社の件にも深く関わっているということです。

 

半沢
悪質なセミナーばかりを運営している会社ということで怪しいとは思っていましたが、案の定闇深い過去が発覚しましたね。

月刊ウルフのサービス内容とは

 

そんな怪しげな月刊ウルフのサービスは、無料コンテンツと有料コンテンツが存在します。

 

月刊ウルフの無料コンテンツ

 

勝つための相場分析方法、市場の資金が何処に流れているのか、情報収集の仕方、その時々の相場状況で使うべき投資手法などが含まれたリアルタイム相場解説を行うサービスを一か月間無料で体験できるようです。

 

そこで試しに早速無料体験に申し込もうとすると、どうやら利用料金は無料だそうですが初回登録料金が発生するようです。

 

半沢
結局無料で利用は出来ないようです。メールアドレスを入力させてから告知するあたりがまた悪質ですね。

 

 

月刊ウルフの有料コンテンツ

 

月に2回提供される相場解説などの株情報を記載したメールマガジンと、ウルフ村田氏が株式市場の裏側まで踏み込んだ最新情報、今使っている投資法をオンライン動画で配信する月額制サービスとなっています。

料金:月額20,000円

 

  • 月2回提供されるオンライン動画
  • 月2回提供される相場解説メルマガ
  • Q&Aウェブセミナー

 

半沢
月に2回しか配信されない動画とメルマガで月額20,000円とはなかなか強気ですね。

 

月刊ウルフは悪徳株サイト?

 

というわけで月刊ウルフについて評判を検証してみたところ、もはや怪しさ以外の何物でもない実態が明らかになりました。

 

月刊ウルフの配信を行うのは経歴詐称、実績偽装でお馴染みのウルフ村田氏、それに加えて販売会社は元ジャパンインベストスクールと、胡散臭さ満載でお腹いっぱいになりそうです。

 

どう考えても危険で怪しい株サイトであることは間違いありません。

到底優良な株サイトとは言い難いです。限りなく悪徳サイトに近いと思います。

 

 

半沢
危険な株情報サイトにはくれぐれも注意しながら、本当に優良なサービス・良質な株情報を提供している株情報サイトを選ぶように心がけていきましょう。

 

ちなみに・・・

 

以下は検証の結果、信頼性が高いと管理人が判断した優良株サイトの調査記事になります。

 

口コミ評価も高く、信頼性の高い実力派サイトということが分かりましたので、優良サイトをお探しの方はぜひこちらの検証記事もご覧ください。

 

月刊ウルフの口コミ投稿フォーム